【仙ぶら】星乃珈琲・エビアン・餃子の王将で舌鼓

最近、天気が安定しません。気分も落ち込みがちですが、今日は楽しみな「仙ぶら」の日です。

旦那さまのクラウンで快適な移動。仙台の一番町にあるいつもの駐車場の「俺の場所」に車を止めました。「俺の場所」は、旦那さまが勝手に決めているだけなんですが、その場所が空いていないと「ああ!俺の場所なのに!空いてない!誰だ、止めたの!」と少々ご機嫌斜めになります。^^;

今日は無事止めることができました。旦那さまも機嫌がいい!

私の今日の目的は、化粧品の補充と、秋物の洋服の品定めです。旦那さまは、車を運転することと仙台で昼食を食べることが最大の目的なので、すぐに別行動です。私は藤崎へレッツゴー!旦那さまは食事処が空く11時まで「AYUMI BOOKS」で本を物色です。

さて、お楽しみの昼食はというと…

私は、星乃珈琲でモーニングのフレンチトースト(アイスコーヒーL)(734円)を注文。表面がカリカリで、中がふんわり、メープルシロップをたっぷりかけて食べました。

上にあるアイスのようなものは、実はホイップクリームです。全体的に(意外に)少なめの量でしたので、食欲に俄然火がついた私は、後から行きつけのエビアンで小倉トーストセット+アイスコーヒーを食べるという、暴挙に出てしまうのでした。(反省)

薄めのホットサンドの中には、北海道産の小倉あんとホイップクリームがた~くさん入っていて、お口の周りに付きまくります。やっぱり、美味しいなぁ、ここの小倉トースト、最高ですね!そして、苦みの効いた極上のアイスコーヒーが甘さでいっぱいになった口中を一旦リセット、今度はホイップクリームと小倉あんとコーヒーが混然一体となって、程よい甘さと苦さで新たな風味を醸し出してくれます。このバランスが絶妙なのです。


旦那さまは餃子の王将でチャーハンセットにジャストサイズのから揚げとレバニラ炒めを頼みました。ちなみにジャストサイズというのはハーフサイズのようなもので、色々食べたいときに丁度いい量なのです。

旦那さまはレバーが苦手な人で、なんでも、小さい頃に無理に食べさせられた時の味と食感がトラウマになり長らく食べようともしなかったのです。しかし、この前、「東龍門」の美味しい五目焼きそばに入っていたレバーを食べて、「レバーってこんなに美味しいのか!?次はレバニラ炒めを食べてみようか」と言っていましたが、まさか本当に食べるとは思っていなかったので、とても驚きました。

王将のレバニラ炒めは、レバーが薄切り、油通しされているのでカリッとしていて、食感よく、特有の臭みもないので、とてもおいしく食べられたそうです。私と合流した時には真っ先に「うまかったぞ~、レバニラ。家でも作れるのかい?」だって。

失礼な、作れますよ!明治屋で最高の食材を買って、びっくりするくらい美味しいレバニラを作ってやるのさ!

王将のから揚げは、ヘルシーな胸肉を使っているようです。脂身がほとんどありません。から揚げには「魔法の粉」といわれる唐揚げ用パウダーをかけるのが定番。この粉が、しょっぱすぎず、スパイシーすぎず、から揚げにベストマッチです。

定番の餃子は安定の味。皮はもちもち、あんの味はしっかりしていて具もたっぷり、さすがといったところ。

そして、なんといっても、王将のチャーハンは美味い!最高峰ではなかろうか。

王将の一番町店は、開店と同時に満席となるほどの人気店です。この味を安く提供できるのならば、納得です。

次は絶対に「レバニラ炒め」ですね!

 

今日はここまで。

ご覧いただき、ありがとうございました。