ココイチの5辛はかなりの辛さだけど、辛旨なことこの上なし[2辛と比較]

こんな記事です
ココイチ大好きな旦那が5辛に挑戦しました。普段食べる2辛との違いや感想を書いています。悶絶するくらい辛いのか、それとも辛旨なのか。ぜひ読んでください。

5辛に初挑戦

これまで4辛まで挑戦したことがある旦那。

次は5辛だと息巻いていたのに、なかなか挑戦しない。

2月まではグランドマザーカレーだったしね。

でも、なかなか挑戦しないので、ココイチに行こうとしている旦那に 5辛は?と尋ねてみた。

しばしの沈黙の後…

今日は5辛!

と勇んで出発、さて、どうなることやら楽しみ!

2辛と比較

左が今回の5辛、右が2辛。

  • 1辛 一般的な辛口程度
  • 2辛 1辛の約2倍
  • 3辛 1辛の約4倍
  • 4辛 1辛の約6倍
  • 5辛 1辛の約12倍
  • 6辛 1辛の約13倍
  • 7辛 1辛の約14倍
  • 8辛 1辛の約16倍
  • 9辛 1辛の約18倍
  • 10辛 1辛の約24倍

5辛は1辛の12倍もあるのだ。そして、2辛の6倍!

ルーの色を比べると、明らかに赤みが増しているのが分かる。

これは唐辛子の色だ。

そして、ルーがドロッとしている。

唐辛子増量のせいだ。

皿についたルーには、粒子状のものがたくさん。

でも、決してザラつきがあるわけではない。

旦那の感想

  • 単純な辛さとスパイシーさが増していて、刺激がかなり強い。
  • ヒャックリが出ることはなかった。
  • 半分を食べる頃から汗が吹き出した。水を補給して、口の中を冷やしながら食べすすめる。
  • 唇と舌がヒリヒリする。食べ終わって20分ほど続いた。
  • これは食べられない、というレベルではなく、辛い物好きの人なら美味しく食べられる。まさに、旨辛である。
  • 普段、カレーの旨味を楽しむには、2辛か3辛が丁度いいのではないだろうか。
  • たまに刺激を求めて5辛を食べるのはあり。

辛い物好きにとっては旨辛のレベルだということが分かりました。

辛い物好きな方は、是非挑戦してみてください。