現在品薄のKTC パンタグラフジャッキを購入しました 作りの良さに感激

4月がもうすぐそこ、春の足音が聞こえてくる季節になりました。

3月下旬から4月上旬というのはタイヤ交換の季節でもあります。

近くのスタンドでタイヤ交換をしてもらうと、1台分でおよそ3,000円程度です。

我が家はボルボとクラウンの2台なので、6,000円程かかります。

しかも、タイヤを車に積むのも手間(袋に入れたり、座席を養生したり)だし、作業終了を待っているのも暇なのだそうで、我が家では最強ツールを(私から)与えられた旦那があっという間に交換してくれるのです (๑˙❥˙๑)

クラウン純正のジャッキが破損

しかし、下の記事にある通り、クラウンの純正ジャッキが壊れたため、信頼の置けるジャッキを購入しようとしていました。

【KTC】パンタグラフジャッキは信頼の置ける製品を使いましょう

これも国産有名メーカーではあるのですが…

 

メイド・イン・ジャパンであり、ユーザーサポートもしっかりとされているKTCのPJ-1に決めて、いざ購入しようとしたらどこも取り寄せとなっています。

しばし待てば買えるだろうと高を括っていたら、依然として品薄は解消されません。

 

こりゃ、困ったぞ。もうすぐタイヤ交換の時期だしなぁ。一次避難的に安いジャッキを買っておこうかな?

ダメダメ!万が一があったらどうすんの!最低でも日本製のしっかりしたのを買ってね!

 

ジャッキが壊れて車が下に落ちたら命に関わりますし、車の処理にも時間と手間とお金がかかります。

だから、海外製のジャッキはパス、信頼できる日本のメーカーのジャッキ一択となります。

 

ユーザーを大切にするKTC

別の日本メーカーがあるにはあるのですが、サポートの点で信頼できないと思ったので、今回KTCを選びました。

KTC京都機械工具株式会社は、日本を代表するハンドツールメーカーとして「軽くて強くて使いよい」を基本に高品質、独創的な技術力で市場をリードしています。12,000アイテムを超える多彩な製品を開発し、アイテム数・生産量ともに国内No.1の実績と信頼を得ています。(KTC HPより)

 

ようやくPJ-1を購入できた

PJ-1の特徴はこちら

  • 能力1000kg、2000cc以上の乗用車に対応
  • 台座部分にあるかみ合わせ部分が別パーツで補強されている
  • ネジ部分は、転造(ロール成形)による台形ネジを採用

 

参考 パンタグラフジャッキKTC

 

「即日発送」で見つけたのはモノタロウ

税込みで4,829円でした。

アマゾンにあった頃は4,000円程度で買えたので少々お高めといったところですが、この品薄状態で在庫あり、即日発送ということを考えれば致し方ありません。

 

ようやく買えたPJ-1

梱包は至ってシンプル

MADE IN JAPAN!

軸重の1/2を考え、1000kg対応でOK

緩やかに湾曲しており、溝高もかなりの余裕があります。

ベアリング封入部分は左右に遊びがある配置となっています。

工作精度が高いことを匂わせるフォルム

PJ-1の特徴である転造(ロール成形)による台形ねじ

かみ合わせ部分も肉厚の金属でガッチリしています。

軸受もきれいに整形されています。

 

さすがはKTC、一目見て丁寧に作られていることが分かる製品です。

タイヤ交換ではPJ-1とマキタのTW300Dを使ってタイヤ交換をします。

その顛末記は次の記事で紹介します。


Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

ブラウザの拡張機能を使用して広告ブロックをしていることが検出されました。
ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、intelligence-console.comドメインをホワイトリストに追加し、「Refresh」をクリックしてください。

あなたが広告をブロックする権利と自由があるように、当方にも広告をブロックしている人にコンテンツを提供しない権利と自由があります。

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock